【オフィスバンク株式会社様】アクセスに関する課題を改善し、問い合わせが2.5倍増加した事例

オフィスバンク様は、名古屋市内の物件を中心に、企業向けに貸事務所・賃貸オフィスの仲介を行っておられます。

KAGARIを活用し、サイト内コンテンツのSEOの状況を分析・改善を行ったことで、問い合わせ件数が増加した事例をご紹介します。

課題

 

オフィスバンク様は、サイト内に企業向けの物件情報を掲載されており、賃貸情報を知りたいユーザーにサイトを訪れてもらうことが重要でしたが、次のような課題がありました。

  • 狙っているキーワードで上位に検索させられていない
  • ユーザーのアクセス流入から問い合わせに向けた改善対策が明確に把握できていな

「名古屋 貸事務所」などのキーワードは競合が多く、SEOでヒットしづらかったため、ユーザーがサイトにたどり着くのが難しい状況でした。

施策内容

SEOの状況を正確に把握

記事コンテンツの配信をコーポレートサイトでされていますが、KAGARIのアクセス解析を行うことで、キーワード解析が容易に行えるようになりました。そのため、狙ったキーワードで企画した記事コンテンツがSEOにヒットしているか正確に把握できるようになりました。

通常、SEOの状況をコンテンツごとにを分析するためには、Google AnalyticsやSearch Consoleといったツールを行き来しながら行う必要がありますが、KAGARIでは一目で分析することが可能です。

コンテンツの課題を改善

また、解析に時間が掛からないので「名古屋 貸しオフィス」「名古屋 賃貸事務所」など競合が多い直接的なキーワード以外からのアクセス流入施策を検討することになりました。新たな施策としてオフィス移転に関する「豆知識コンテンツ」などを配信することで、ブログからのユーザー流入を狙う取り組みを実施しました。

成果

今回のオフィスバンク様の事例では、SEOや流入状況を分析することで、配信している記事コンテンツの課題が明確となりました。大量にあるコンテンツの中から、何故SEOに弱いのかという課題検出も行えたので解析時間と作業効率が大幅に改善されました。


その結果、ページごとのSEOが向上することができ導入前よりも問い合わせ件数が、6ヶ月で2.5倍増加しました。

まずは、無料でお試しください

Google AnalyticsとSearch Consoleがあればすぐに使えます。まずはサイトを登録して、KAGARIの強力なアクセス解析機能をお試しください。クレジットカード登録不要!

無料で利用する