KAGARI Blog

WEBマーケティングのお役立ち情報を
ご紹介いたします。

SEO対策

2020/06/242020/06/19

これだけは知っておきたい!会話によく出るWebマーケティング用語25選

これだけは知っておきたい!会話によく出るWebマーケティング用語25選

Webマーケティングの業界で仕事をしていると、様々な専門用語が飛び交います。

会話の内容がわからなかったり、意味が理解できず会議を遮ってしまうことがないように、今回はWebマーケティングの戦略会議や企画会議で頻繁に使用される用語について解説していきます。

Web担当者は最低限知っておきたい用語ばかりですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

覚えておけばワンランクアップ!Webマーケティング用語25選

今回は、社内の会議や取引先とのミーティングで使用される用語について、いくつかの種類に分けて解説していきます。

用語の意味を覚えるだけでなく、どんな場面で使用する用語なのかも合わせて理解しておきましょう。

基本用語

基本用語

まずはWebマーケティングの基本的な用語について解説します。

企画会議等でも頻出する用語なので、しっかり把握しましょう。

カスタマージャーニー

カスタマージャーニー

顧客が自社の商品やサービスを購入・利用するまでに辿るプロセスのことです。

商品やサービスとのタッチポイントや発生しうるイベント、心情の変化などを整理することで、顧客の潜在的なニーズを可視化します。

カスタマージャーニーを図や表などで示すものはカスタマージャーニーマップと呼ばれます。

ペルソナ

ペルソナ

自社の商品やサービスのターゲットとなる顧客像を明確化するために設定される架空の人物像のことです。

ペルソナ設定はマーケティングの強い味方。失敗を防ぐための活用方法

CTA(Call To Action)

CTA(Call To Action)

Webサイト内で行われるユーザーに対する行動喚起のことです。

予約・問い合わせ・購入などユーザーの具体的な行動に導くために設置されます。

テキストリンク、ボタン、バナーなど。

LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)

ユーザーに目標達成のためのアクションを起こさせることに特化したページです。

LPは、縦長、ボタンやCTAが目立つ、他のページへのリンクがないなどの特徴があり、1ページだけで目標達成まで誘導できる作りになっているものが多いです。

アクセス解析関連用語

アクセス解析関連用語

Webマーケティングで必要不可欠なアクセス解析の際に使用される用語です。

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleといったツールでも登場する用語ですので、それぞれの意味を理解しておきましょう。

PV

PV

PVとは「ページビュー」の略で、PV数はWebサイト内のページが見られた(開かれた)回数のことです。

クリック数

クリック数

あるWebサイトのURLがクリックされた回数です。

セッション

セッション

セッションはユーザーがサイトを訪問することを指し、セッション数はその回数のことです。

Google Analyticsで使用される「セッション」という指標は、ユーザーがサイトを訪問してから離脱するまでの一連の行動を1セッションとカウントします。

この用語はWebサイト特有の仕組みでカウントされているため理解が難しい部分でもあります。

詳細はこちらの記事でも紹介しています。

セッション数を増やすには?

ページ/セッション

ページ/セッション

1セッションあたりのページビュー数の平均です。

ユーザーが1度の訪問でどれだけのページを閲覧したのか、そのページビュー数の平均を指します。

UU(ユニークユーザー)

UU(ユニークユーザー)

ある一定期間でWebサイトを訪問した固定のユーザーのことです。

CTR(Click Through Rate)

CTR(Click Through Rate)

ページが表示された回数に対してクリックされた回数の割合のことです。

表示回数

表示回数

表示回数とは、WebサイトのリンクのURLがユーザーの検索結果に表示された回数のことです。

直帰率

直帰率

Webサイトに対して使用される指標で、1ユーザーが訪れたサイト内で1ページだけを見て、離脱した割合を指します。

ページ滞在時間

ページ滞在時間

平均滞在時間とは、サイト内の各ページにユーザーが滞在した平均時間を示す指標です。

サイト内のコンテンツに対するユーザーの満足度を測る指標としても使用されます。

CV(コンバージョン)

CV(コンバージョン)

Webサイトの目標達成のことです。

コンバージョンの内容はWebサイトによって異なり、予約・会員登録・問い合わせなど、何をコンバージョンに置くのかの共通認識を持つことが重要です。

ページの価値

ページの価値

各ページがどれだけコンバージョンに貢献しているのかの指標です。

ECサイトで購入をコンバージョンに設定する場合、必ず通過する購入完了ページやカートページはページの価値が高くなります。

検索クエリ

検索クエリ

ユーザーが検索エンジンの検索窓に入力した言葉のことです。

SEO関連の用語

SEO関連の用語

次は、Webサイトの運用を行う際に欠かせないSEOに関連する用語です。

Webマーケティングを行う場合には切っても切り離せないような用語ですので、頭に入れておきましょう。

検索エンジン

検索エンジン

GoogleやYahoo!を代表としたインターネット上の情報を検索するサービスの総称です。

SEO(Search Engine Optimization)

SEO(Search Engine Optimization)

検索エンジン最適化のことで、GoogleやYahoo!などといった検索エンジンで、特定のキーワードで検索した際に、自社のページが上位に表示されることを目指す対策のことを指します。

オーガニック検索

オーガニック検索

検索結果に表示されるURLのうち、広告表示ではないものを指します。

自然検索、ナチュラル検索などとも呼ばれ、SEOではオーガニック検索での上位を目指します。

リスティング広告

リスティング広告

検索エンジンで特定のキーワードが検索された際に、検索結果の上部にページを表示させる広告のことです。

オーガニック検索よりも上位に表示されますが、広告であることが表示されるためユーザーが区別できるようになっています。

SEM(Search Engine Marketing)

SEM(Search Engine Marketing)

検索エンジン経由で自社のWebサイトに訪問するユーザーを増やすマーケティング手法です。

具体例として、SEOやリスティング広告があります。

ロングテール

ロングテール

主にECサイトなどで、少数の人気商品ではなくその他多数のニッチな商品を販売することで売上を伸ばすという考え方です。

Webマーケティングでは商品の販売だけではなく、SEOでも使用されることがあります。

検索ボリュームが高く競合の多いビッグキーワードではなく、スモールキーワードで検索上位を目指すことでアクセス数のアップを目指すという戦略です。

オウンドメディア

オウンドメディア

トリプルメディアの一つで、自社が保有するメディアのことです。

Webマーケティングでは、多くはブログ等を含むWebサイトに対して使用される用語ですが、自社が発行する雑誌やカタログなどもオウンドメディアの一つです。

アーンドメディア

アーンドメディア

トリプルメディアの一つで、ソーシャルメディアやレビュー、キュレーションメディアなど、自社以外の誰かの口コミによって拡散されるメディアのことです。

ペイドメディア

ペイドメディア

トリプルメディアの一つで、企業が広告費用を払うことで宣伝を行うメディアのことです。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌のマス4媒体やインターネット広告、バナー広告などが例として挙げられます。

今すぐ会議で使えるマーケティング用語

覚えた言葉は実践が大切です。

企画会議やアクセス解析を行う際には積極的に使用しましょう。